Data Recovery Corp.データリカバリー株式会社

データ復旧サービスを利用したお客様の声 K.H様

K.H様

日頃の業務に使うデータを外付けハードディスクに一括で保存していたという堀様。誤ってフォーマットをかけてしまい、一度自身でデータ復旧ソフトを使用するも希望のデータが復旧ができず、デジタルデータリカバリーにご依頼いただきました。

紛失したデータ

日々の業務に使うデータは、とりあえずこの外付けハードディスクに保存していました。重要な企画書からローデータまで何でも入れていましたね。

データ紛失の経緯

復旧用に起動ディスクを1回作ろうと思い、ハードディスクに書き込みをしようとすると、「データがあるため起動ディスクが作れません」とエラーメッセージが表示されました。フォーマットするチェックボックスがあったので、チェックを入れて実行したら、データが消えてしまいました。よくよく見たら防げたと思うのですが、完全に誤操作で消してしまいました。
慌てて市販のソフトやフリーソフトで復旧を試みたのですが、5%くらいしか復旧できなくて・・・困ってインターネットで検索して、復旧率の高い都内の会社で24時間受付てくれそうな会社ということでデジタルデータリカバリーにたどり着きました。

データ復旧について

復旧ソフトで復旧した後はファイル名が文字化けした数字の羅列になっていて、結局何のファイルが復旧されてるのかさっぱり分からない状態でした。先ほど5%程度は復旧できたと話ましたが、実際の中身はさっぱりわからないに等しいですね。
素人の知識ですが、復旧ソフトを使うとどんどん復旧率が悪くなったり、何度もハードディスクにアクセスすると復旧率が落ちていくという話を知らないわけではなかったので、自分で少し試してみて、「もうだめだ、もうプロにお願いしよう」と思いました。

特に復旧したかったデータとその中身

営業企画の部署にいるので、販促用資料や企画書などを1番復旧したかったです。
直近3ヶ月くらいのデータが全く見れなくなってしまったので・・・他には写真なども勿論ありました。
ここのところ仕事の効率がガクッと落ちていて、データもどこに保存したものやらと、保存するのが怖いくらいです。

データを失った時の気持ち

元々はバックアップ用にこの外付けハードディスクを使っていたつもりが、気が付いたらメインで保存する機器になっていて、まずいなまずいなと思ってるうちにこうなってしまいました。外付けハードディスクには色々なデータを放り込んでいて、重要なデータも重要じゃないデータも混在している状態でした。何が入ってたか全てを追いきれない状態だったので、それを一から自分で作成するのは非常に難しいかなと。何がなくなったのか全貌は正直分からないので、どうしたものかと途方に暮れました。

データが戻って来た時の気持ち

必要なデータは無事に戻ってきているようで、本当によかったです。

もしデータ復旧できていなければ

直近の仕事のデータが全てなくなってしまったので、今後の仕事の成果や生産性にも悪影響を及ぼしていたと思います。

DDRを選んだ決め手

都内で働いているのでまず都内に拠点があるというところ、相談を24時間受付けているところ、あとは1番重要視したのはやっぱり「復旧率」です。

DDRホームページについての印象

正直ちょっとごちゃごちゃしているなと思いました。
ただ、ホームページに載っていた復旧率を見て、この会社に依頼しようと決めました。あとは初期診断料が無料でできるところも良かったです。

DDRのデータ復旧サービスを利用して感じたこと

多分人によると思うのですが、私の場合、早く復旧したくて、自分で色々試したがために目的のところにたどり着くのに逆に時間かかりました。私の使っていた機器はUSB端子に暗号化がかかっているタイプだったのですが、結局フリーの復旧ソフトだと、暗号化がかかっているために普通にアクセスできないようなケースもあって。縋るような気持ちでデジタルデータリカバリーに依頼したので、無事にデータが戻ってきてよかったです。

最後に一言

私のように復旧ソフトを試す方も多いと思いますが、よく考えたほうがいいです。
自分で色々と試してしまう前に一度無料の診断を受けてみてから、どうするのか決めてもいいと思います。

障害に気がついたらすぐにご相談下さいデータは高確率で復元できます!

まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら
お急ぎの場合はお電話で クイック  復旧ゴー 0800-919-2950
TOP