Data Recovery Corp.データリカバリー株式会社

当てはまる症状がない場合(パソコン)診断結果

HDDに負荷をかけ過ぎてHDD障害発生!

原因1.磁気ヘッド障害(70%)

原因2.HDDの劣化による不良セクタ発生(20%)

原因3.プラッタ障害(10%)

【解説】ハードディスク(HDD)の寿命は一般的には3年前後と言われていますが、それはあくまで通常通り使用した場合です。人間の寿命もそうですが、あまりにも無理をしすぎると寿命も短くなります。HDDの場合は休みなく使用し続けたり、裏側でデータのダウンロードを同時にいくつも行ったり、複数のアプリケーションを稼働し、データを大量に読み書きしたりといったことを継続することで、大量の命令をHDDが処理し続けなければならず、結果、劣化が通常より早まり、想定よりも早くHDDが故障してしまうのです。

HDDに負荷をかけ過ぎてHDD障害発生!考えられる原因は3つ!

【原因?】磁気ヘッド障害

データの読み書きの際に必ず磁気ヘッドが動作します。HDDの中のデータを正しく読み書きできているのは、この磁気ヘッドがわずか2nmという距離を寸分の狂いもなく低空飛行しているからに他なりません。この低空飛行を実現するために様々なプログラムが動作し安定していますが、複数のアプリケーションを立ち上げ、複数の命令を同時に行うような、非常にパソコンに負荷がかける使い方をしている場合、命令を処理しきれずパンクしてしまい、磁気ヘッドの動作に支障をきたしてしまう可能性が高いのです。 磁気ヘッドが破損すると当然パソコンも起動しないですし、フリーズしてそのまま動作しないといった症状になります。

【原因?】HDDの劣化による不良セクタ発生

データはセクタという単位で磁気の力によって保存されています。HDDの容量が大きければ大きいほどこのセクタ数も多くなりますが、1TBのHDDでは19億セクタ以上です。このセクタに関してはHDDが工場出荷時にすら、読み書きが出来ない不良セクタと呼ばれるセクタがいくつも存在します。不良セクタは、パソコンを頻度高く使用し、同じセクタを複数回読み書きしていくことで、時間とともに、セクタが劣化して読めなくなることで日々増えていきます。ある日突然にパソコンが起き上がらなくなったり、データが読めなくなったりといった現象は、正常だったセクタが突然不良セクタとなってしまったが為に、読み込めなくなってしまいそのような現象になってしまうのです。

【原因?】プラッタ障害

プラッタとは、ハードディスク(HDD)中にある平滑な円盤状の記録用部品のことです。プラッタに書き込まれている磁気情報を磁気ヘッドが読み書きすることでデータの読み書きは行われており、このプラッタが磁気ヘッドと接触することは通常ありません。しかし、HDDに負荷をかけすぎた結果、磁気ヘッドの動作が安定せず、磁気ヘッドがプラッタに接触してしまう可能性があります。接触した場合、rpm7200(1分で7200回転)の高速回転するプラッタへの接触がどれだけ磁気ヘッドとプラッタに大きなダメージを与えるかは想像の通りです。プラッタに傷が入ってしまうと、傷が入った部分のデータは2度と復旧できません。このようなプラッタ障害が発生すると復旧はほぼできなくなるという可能性がありますので、プラッタに傷がつくのを避けるためにも、通電させない、プラッタを回転させないといのが最も大事なポイントです。

1つ前に戻る

症状悪化を防ぐためには

  1. 障害機器の電源をお切りください。
  2. 再起動は絶対に行わないでください。

再起動・通電するとデータが復旧できなくなる可能性があります。
ハードディスクは通電時間も多くの負荷がかかります。既に障害が発生しているハードディスクに更に負荷を重ねると、まだ正常な部分にも障害が発生し、場合によっては致命傷を与えデータ復旧ができなくなってしまう可能性があります。 エラーメッセージが出た際は、すぐにパソコンの電源を落とし、ハードディスクに通電しないようにしてください。 対象方法でお悩みの方も、無料電話相談・診断でアドバイザーにお問い合わせください。 お電話の際は、機器の症状・消えたデータの種類(エクセル/ワード/顧客データ/会計データ/各種データベース/CADデータ/音源・映像データ/写真データ等)をお伝えください。出来る限りの対処方法をお教えいたします。

当てはまる症状がない場合データ復旧の流れ

障害に気がついたらすぐにご相談下さいデータは高確率で復元できます!

まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら
お急ぎの場合はお電話で クイック  復旧ゴー 0800-919-2950
TOP