Data Recovery Corp.データリカバリー株式会社

データ復元のプロセス

データリカバリー株式会社のデータ復元の対象はRAID・ NAS・HDD ・TAPEからFDDなどあらゆる記録メディアに対応しています。読めなくなったデータの種類を問わずデータ修復し、データ復元するデータリカバリー専門の技術者集団です。

データ修復するメディアはテープ、スマートメディア、コンパクトフラッシュなどのメディアもデータ復元いたします。

ハードディスク復元、ハードディスク修復、ハードディスク復旧、には先端専門技術で対応します!!

データ復元のプロセス

初期診断によりデータ復元依頼のメディアの状態をお客様の状況調査書をもとに調査し、障害の種類と程度を診断します。
障害の種類とは大きく分類して物理障害、論理障害そして複合的障害の3種類になります。

論理的障害ではデータの生のイメージを慎重に外部に取り出します。 必要とするデータにアクセスできる方法を探しだします。復元しなければならないデータにアクセスするには何が欠損しているのか、また実際にそのデータが存在するのか多様なケースに経験を積んだ技術者が思考して論理的に適合する修復作業をしデータ復元に至ります。

物理障害では先ず磁性体面〔ディスク面)、サーキット(回路)、リードライトヘッドなど電気的に障害がどの部分にあるかを判断し物理的障害の除外を部品の交換、調整、メディア面の傷の計測、障害処置を行います。その後にデータの生のイメージを外部に取り出し、必要とするデータの位置情報、欠落しているプログラムの一部の補修などを行いデータ復元に至ります。

複合的障害では前述の両者が混在している状態で、データ修復作業は物理的、論理的観点から相互に関連を調整しながらの作業になりデータ復元に至ります。

障害に気がついたらすぐにご相談下さいデータは高確率で復元できます!

まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら
お急ぎの場合はお電話で クイック  復旧ゴー 0800-919-2950
TOP