Data Recovery Corp.データリカバリー株式会社

巡回冗長検査(CRC)エラーの対処方法

巡回冗長検査(CRC)とは?

巡回冗長検査とは、データのエラーを検出する仕組みのことを指します。「Cyclic Redundancy Check」という英語の略称で、訳すと「巡回冗長検査」となります。この検査は普段何気なく使用しているパソコンでとても役に立ってくれています。パソコンは日々多くのファイルを読み書きしますが、中にはデータに何かしらのエラーが出てしまっている場合があります。それを検知するのがこの巡回冗長検査であり、本来はそのデータを補正して正常に読み書きできる状態に戻してくれます。
いかがですか。とても重要な機能であることがおわかりいただけたのではないでしょうか。巡回冗長検査エラーとは、つまりこの機能がうまく動作せず、データを読み込むことができなくなっている状態のことを指します。

巡回冗長検査(CRC)エラーの主な原因

原因1.データを読み書きするディスク(プラッター)部分にキズがついてしまった

原因2.キズだけではなく、経年劣化による読み取りエラー

【解説】ハードディスクは密閉されているので本来傷は付きにくいものですが、衝撃に弱い事と経年劣化などによりヘッドが損傷し、タイミングが悪ければ磁気ヘッドがプラッタを傷をつけ、ヘッドクラッシュしてしまうこともあります。 また、傷だけが原因ではなく経年劣化やホコリなどが原因で磁気エラーが起きデータ読み取りが不可能となり、表面上巡回冗長検査(CRC)エラーが起きている場合もあります。

CRCエラー時の注意点? Chkdskコマンドを使用しない!

ハードディスクのエラーを修復するコマンドで「chkdsk」というのがありますが、「巡回冗長検査CRCエラー」が出ているときは絶対に実行してはいけません。

理由としましては

  • 「chkdsk」による修復の目的は、Windowsにとって正しいファイルシステムにすることであり、ユーザーにとって必要なファイルを修復するわけでないから。
  • chkdskコマンドは、長時間にわたってハードディスク全体に読み込みや書き込みを行うため、ハードディスクへの負荷が大きいから。
  • 他の手段で救出できる可能性があるデータでも、chkdskコマンドでエラーと認識された部分のデータはバッサリ切り捨てる書き込みを行ってしまうから。
上記の理由から「巡回冗長検査CRCエラー」の数がもっと増える可能性が高くなり 場合によってはもしかすると別の手段で復旧できたかもしれないデータの復旧が永遠に不可能になる可能性が高くなることも考えられます

症状悪化を防ぐためには

  1. 障害機器の電源をお切りください。
  2. 再起動は絶対に行わないでください。

再起動・通電するとデータが復旧できなくなる可能性があります。
ハードディスクは通電時間も多くの負荷がかかります。既に障害が発生しているハードディスクに更に負荷を重ねると、まだ正常な部分にも障害が発生し、場合によっては致命傷を与えデータ復旧ができなくなってしまう可能性があります。 エラーメッセージが出た際は、すぐにパソコンの電源を落とし、ハードディスクに通電しないようにしてください。 対象方法でお悩みの方も、無料電話相談・診断でアドバイザーにお問い合わせください。 お電話の際は、機器の症状・消えたデータの種類(エクセル/ワード/顧客データ/会計データ/各種データベース/CADデータ/音源・映像データ/写真データ等)をお伝えください。出来る限りの対処方法をお教えいたします。

CRCエラー時の注意点? 再起動・通電は致命傷を生む可能性あり!

エラーや障害が起きた状態で、通電や再起動を繰り返すと以下のような致命傷を負う可能性があります。以下のような症状が起きてしまうと高い確率でデータが復旧出来なくなってしまいます。原因の追究や対処法の模索は電源を落としてからにしましょう。 また、データ復旧を確実に行うには高いスキルと設備が求められます。無作為な対処でデータが消えてしまう前に、無料電話相談・診断にて専門のアドバイザーに対処法を相談する事をお勧めします。

再起動・通電を続けるとデータが取れなくなる危険性大!

致命傷1: スクラッチ

※スクラッチとは、ヘッドの誤作動により磁気ディスクに出来る傷の事です。ヘッドが破損した状態で通電を続けると、ヘッドが誤作動を起こし傷がつく可能性が高く大変危険です

致命傷2: データ上書き

※データを意図的に保存しなくても、ハードディスクには起動した情報なども書き込まれます。そのため、再起動や通電を続けるとデータの上書きが発生します。

致命傷3: 不良セクタ

※不良セクタとは、データが読み込めない領域のことです。通電や再起動で劣化が進むとこれまで読めていたセクタ(データ)も読み込めなくなります。

少しでもおかしいと感じることがあればまずは電源を落としてください

黒い画面に「ご迷惑をおかけしています。Windowsが正しく起動できませんでした」と表示される場合、Windows OSに異常が発生した為に起動できない状態になっている可能性が高いです。 このトラブルは更新やアップデートを行った後に起こりやすい症状です。セーフモードでの起動を選択出来ますが、必ずそれで立ち上がるという訳ではありません。更に、セーフモードでの起動を行いそれが不可能だった場合、OSへの異常だけでなくファイルシステムにも異常が発生してしまう可能性があります。 セーフモードでの起動は行わず、専門家に相談することをお勧めします。

物理復旧技術員 データ復旧に対するポリシー

以前私もプライベートで思い出がたくさん詰まった写真データを破損してしまったことがありました。HDDがあるとどうにかならないかといつまでも考えてしまい気持ちが落ち着かなかったので、そのHDDは破棄してしまいましたが、今思うと破棄せずに保存しておけばよかったと心残りがあります。 自身がプライベートでデータを破損してしまった当時はデータ復旧というサービスの存在さえも知りませんでした。以前に比べるとデータ復旧と言うサービスの認知度も上がりましたが、知らない方も多くいらっしゃると思います。データが消えてしまいやりきれない思いを抱えている方にデータ復旧というサービスをいち早く教えてあげたいです。 その為私が出来る事は、より早く多くのデータ復旧を行い沢山のお客様にご満足していただく事だと考えています。そしてデータ復旧というサービスが世の中にひろがり、歯がゆい思いをする方がいなくなればと考えています。

速い!確実!安全!なデータ復旧を実現した当社の5つの強み

当社では、データ復旧売上シェア国内トップクラスを誇っています。それは、当社が「スピード・実績・技術力・設備・セキュリティ」という5つの強み強化し続けたからです。ここではその5つの強みについて簡単に紹介したいと思います。

お客様に選ばれる5つの理由

  1. 診断・対応・復旧の
    スピードの速さ

    1秒でも早くお客様の問題を解決するために。詳細はこちら

  2. ご相談実績の多さ

    今までご相談いただいた件数は184,637件以上。詳細はこちら

  3. 技術力の高さ

    1つでも多くのデータを復旧するための研究と実践。詳細はこちら

  4. 本社復旧ラボの
    社内体制

    受付から納品まで全てワンフロア体制。詳細はこちら

  5. セキュリティの高さ

    お客様の大切なデータをお預かりするために。詳細はこちら

障害に気がついたらすぐにご相談下さいデータは高確率で復元できます!

まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら
お急ぎの場合はお電話で クイック  復旧ゴー 0800-919-2950
TOP