Data Recovery Corp.データリカバリー株式会社

黒い画面に「BOOT DISK FAILURE」と表示され先に進めない場合

OSがうまく起動出来ていません!

ハードディスクが原因の可能性大!

原因1.ファイルシステムに異常が発生

原因2.HDDの部品に異常が発生

【解説】 BOOT DISKとは、OSやプログラムを起動(ブート)させるものを指し、黒い画面に「BOOT DISK FAILURE」と表示され先に進めない場合、OSに指令を出しているハードディスクのファイルシステムに異常が発生していると考えられます。 起動時に必要になる為、異常が発生すると起動自体出来なくなります。様々なサイトで対処方法が載っていますが、症状の悪化の危険性を考えると御自身で対処されることはオススメできません。 このトラブルは更新やアップデートを行った後に起こりやすい症状で、画面のメッセージで指摘されている通り、セーフモードにすると起動できる場合もありますが、立ち上がらない場合もあり、その場合OSだけでなく、データの保存ルールであるファイルシステムにも異常が発生してしまう可能性があります。

再起動・通電を続けると起こる3大致命傷とは?

エラーや障害が起きた状態で、通電や再起動を繰り返すと以下のような致命傷を負う可能性があります。以下のような症状が起きてしまうと高い確率でデータが復旧出来なくなってしまいます。原因の追究や対処法の模索は電源を落としてからにしましょう。 また、データ復旧を確実に行うには高いスキルと設備が求められます。無作為な対処でデータが消えてしまう前に、無料電話相談・診断にて専門のアドバイザーに対処法を相談する事をお勧めします。

再起動・通電を続けるとデータが取れなくなる危険性大!

致命傷1: スクラッチ

※スクラッチとは、ヘッドの誤作動により磁気ディスクに出来る傷の事です。ヘッドが破損した状態で通電を続けると、ヘッドが誤作動を起こし傷がつく可能性が高く大変危険です

致命傷2: データ上書き

※データを意図的に保存しなくても、ハードディスクには起動した情報なども書き込まれます。そのため、再起動や通電を続けるとデータの上書きが発生します。

致命傷3: 不良セクタ

※不良セクタとは、データが読み込めない領域のことです。通電や再起動で劣化が進むとこれまで読めていたセクタ(データ)も読み込めなくなります。

技術員より
アドバイス!
トラブルの原因の切り分けには専門の技術と経験が必要。
正確な初期診断がカギになります。

データは生ものです。トラブルが発生してから時間が短いほど復旧できるデータが多く、いかに早く、適切な処置ができるかがカギになってきます。 トラブルの原因がわからないまま再起動や復旧ソフトの使用など対処するのは症状を悪化させる可能性があり危険です。 ハードディスクのトラブルには無数のパターンがあるので正確な判断のためには専門の技術と経験が必要です。 むやみに再起動することは絶対にせず、私共にお任せください。

物理復旧技術員 データ復旧に対するポリシー

難易度が高く、世界でも修復できる技術者が限られているファームウェアを専門に扱っています。世界最先端の技術も、日々の積み重ねの上に成り立っています。一つ一つの機器と向き合い、常に着実に進化していく事が私の目標です。

速い!確実!安全!なデータ復旧を実現した当社の5つの強み

当社では、データ復旧売上シェア国内トップクラスを誇っています。それは、当社が「スピード・実績・技術力・設備・セキュリティ」という5つの強み強化し続けたからです。ここではその5つの強みについて簡単に紹介したいと思います。

お客様に選ばれる5つの理由

  1. 診断・対応・復旧の
    スピードの速さ

    1秒でも早くお客様の問題を解決するために。詳細はこちら

  2. ご相談実績の多さ

    今までご相談いただいた件数は184,637件以上。詳細はこちら

  3. 技術力の高さ

    1つでも多くのデータを復旧するための研究と実践。詳細はこちら

  4. 本社復旧ラボの
    社内体制

    受付から納品まで全てワンフロア体制。詳細はこちら

  5. セキュリティの高さ

    お客様の大切なデータをお預かりするために。詳細はこちら

データ復旧の流れ黒い画面に「ご迷惑をおかけします。Windowsが・・・」とエラーメッセージが出る場合

障害に気がついたらすぐにご相談下さいデータは高確率で復元できます!

まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら
お急ぎの場合はお電話で クイック  復旧ゴー 0800-919-2950
TOP