Data Recovery Corp.データリカバリー株式会社

「NTLDR is missing」でパソコンが起動しないときの対処法

「NTLDR is missing」エラーでパソコンが停止してしまうトラブルの原因は単純ではなく難易度が高い論理障害の一種です。原因によってはご自身で対処してしまうとより症状が悪化する場合もありますので、こちらでは大きく3つの原因を紹介いたします。

主な原因

原因1.ハードディスクの持つ情報が壊れている

原因2.Windowsのntldrファイルが壊れている

原因3.BIOSが書き換わった

ハードディスクの持つ情報が壊れている

内臓されているハードディスクは起動する情報が何処に書かれているのかといった基本的な論理情報があります。しかしハードディスクの論理情報が正しく読み込めないケースや物理的に認識できないケースなどの場合にも、NTLDRのシステムファイルがどこにあるのか分からなくなるためエラー表示されます。
通常は、ハードディスクが物理障害を起こしているケースでは、『NTLDR is missing Press Ctrl+Alt+Del to restart』ではなく、他のエラーメッセージが表示されることが一般的ですが、モーターの回転低下やシステムファイルセクターに傷があるケースでも『NTLDR is missing』となることがあります。

Windowsのntldrファイルが壊れている

パソコンに内臓されているハードディスクが物理障害でなくても、Windowsのシステムファイルの1つである『NTLDR』が損傷または無くなっていると、『NTLDR is missing Press Ctrl+Alt+Del to restart』エラーが発生します。また「boot.ini」、「NTDETECT.COM」、といった シスムテファイルが何らかの理由で読取れなくても表示されるケースがあります。

BIOSが書き換わった

デスクトップパソコンなどで内臓ハードディスクが2台以上あるケースでは、『NTLDR is missing』とエラーメッセージが表示することがあります。その場合、BIOSを起動させて正しい設定をおこなうことで解消されることがあります。通常、BIOSはほとんど自動認識のため、手動で設定する必要はありませんが、『NTLDR is missing Press Ctrl+Alt+Del to restart』とエラーメッセージが表示される場合にはBIOSの設定を確認してみると良いでしょう。

大切なデータを失いたくないなら・・・

一般的にはハードディスクまたはウィンドウズの論理障害が多いため、OSをリカバリすることでパソコンは再使用可能になりますがこの場合、保存されていた過去のデータは上書きされてしまうため、元のデータをバックアップしていなかったり、とても大切なものであった場合には、Windowsのリカバリーは決して行ってはいけません。中のデータを助けたい・取り出したいというご希望であれば私達デジタルデータリカバリーにご相談ください。専門のアドバイザーが無料診断いたします。

症状悪化を防ぐためには

  1. 障害機器の電源をお切りください。
  2. 再起動は絶対に行わないでください。

再起動・通電するとデータが復旧できなくなる可能性があります。
ハードディスクは通電時間も多くの負荷がかかります。既に障害が発生しているハードディスクに更に負荷を重ねると、まだ正常な部分にも障害が発生し、場合によっては致命傷を与えデータ復旧ができなくなってしまう可能性があります。エラーメッセージが出た際は、すぐにパソコンの電源を落とし、ハードディスクに通電しないようにしてください。対象方法でお悩みの方も、無料電話相談・診断でアドバイザーにお問い合わせください。 お電話の際は、機器の症状・消えたデータの種類(エクセル/ワード/顧客データ/会計データ/各種データベース/CADデータ/音源・映像データ/写真データ等)をお伝えください。出来る限りの対処方法をお教えいたします。

再起動・通電を続けると起こる3大致命傷とは?

エラーや障害が起きた状態で、通電や再起動を繰り返すと以下のような致命傷を負う可能性があります。以下のような症状が起きてしまうと高い確率でデータが復旧出来なくなってしまいます。原因の追究や対処法の模索は電源を落としてからにしましょう。また、データ復旧を確実に行うには高いスキルと設備が求められます。無作為な対処でデータが消えてしまう前に、無料電話相談・診断にて専門のアドバイザーに対処法を相談する事をお勧めします。

再起動・通電を続けるとデータが取れなくなる危険性大!

致命傷1: スクラッチ

※スクラッチとは、ヘッドの誤作動により磁気ディスクに出来る傷の事です。ヘッドが破損した状態で通電を続けると、ヘッドが誤作動を起こし傷がつく可能性が高く大変危険です

致命傷2: データ上書き

※データを意図的に保存しなくても、ハードディスクには起動した情報なども書き込まれます。そのため、再起動や通電を続けるとデータの上書きが発生します。

致命傷3: 不良セクタ

※不良セクタとは、データが読み込めない領域のことです。通電や再起動で劣化が進むとこれまで読めていたセクタ(データ)も読み込めなくなります。

技術員よりアドバイス!少しでもおかしいと感じることがあればまずは電源を落としてください

黒い画面に「ご迷惑をおかけしています。Windowsが正しく起動できませんでした」と表示される場合、Windows OSに異常が発生した為に起動できない状態になっている可能性が高いです。 このトラブルは更新やアップデートを行った後に起こりやすい症状です。セーフモードでの起動を選択出来ますが、必ずそれで立ち上がるという訳ではありません。更に、セーフモードでの起動を行いそれが不可能だった場合、OSへの異常だけでなくファイルシステムにも異常が発生してしまう可能性があります。 セーフモードでの起動は行わず、専門家に相談することをお勧めします。

物理復旧技術員 データ復旧に対するポリシー

以前私もプライベートで思い出がたくさん詰まった写真データを破損してしまったことがありました。HDDがあるとどうにかならないかといつまでも考えてしまい気持ちが落ち着かなかったので、そのHDDは破棄してしまいましたが、今思うと破棄せずに保存しておけばよかったと心残りがあります。自身がプライベートでデータを破損してしまった当時はデータ復旧というサービスの存在さえも知りませんでした。以前に比べるとデータ復旧と言うサービスの認知度も上がりましたが、知らない方も多くいらっしゃると思います。データが消えてしまいやりきれない思いを抱えている方にデータ復旧というサービスをいち早く教えてあげたいです。 その為私が出来る事は、より早く多くのデータ復旧を行い沢山のお客様にご満足していただく事だと考えています。そしてデータ復旧というサービスが世の中にひろがり、歯がゆい思いをする方がいなくなればと考えています。

速い!確実!安全!なデータ復旧を実現した当社の5つの強み

当社では、データ復旧売上シェア国内トップクラスを誇っています。それは、当社が「スピード・実績・技術力・設備・セキュリティ」という5つの強み強化し続けたからです。ここではその5つの強みについて簡単に紹介したいと思います。

お客様に選ばれる5つの理由

  1. 診断・対応・復旧の
    スピードの速さ

    1秒でも早くお客様の問題を解決するために。詳細はこちら

  2. ご相談実績の多さ

    今までご相談いただいた件数は184,637件以上。詳細はこちら

  3. 技術力の高さ

    1つでも多くのデータを復旧するための研究と実践。詳細はこちら

  4. 本社復旧ラボの
    社内体制

    受付から納品まで全てワンフロア体制。詳細はこちら

  5. セキュリティの高さ

    お客様の大切なデータをお預かりするために。詳細はこちら

障害に気がついたらすぐにご相談下さいデータは高確率で復元できます!

まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら
お急ぎの場合はお電話で クイック  復旧ゴー 0800-919-2950
TOP