Data Recovery Corp.データリカバリー株式会社

Hard Disk Errorと表示された場合の原因と対処法

50.0%の割合でHDDの磁気ヘッド※に異常が発生している可能性あり!

解説 – なぜ『Hard Disk Error』と表示されるのか

HDD(ハードディスク)の読み込みに失敗した際のエラー表示です。以下のような症状がある場合、物理的な障害が発生していると疑われます。 物理障害の復旧には、部品交換などの高度な復旧作業技術が必要になります。また、上記以外にも、ハードディスクを制御するためのファームウェアが正常に動作しない場合は重度障害にあたります。 Ex. 『カチカチ音がする』 『HDDからのモーター音が聞こえない』 『パソコンが熱くなっている』 『焦げたにおいがする』

『Hard Disk Error』と申告され無料診断を受診された方の100%の方のHDDに物理障害が発生しています。

Hard Disk Errorの主な原因 磁気ヘッド障害(100.0%)

磁気ヘッド障害が発生中にHDDを通電しておくと、磁気ディスク(データ記録面)を傷つけてしまい、データ救出の可能性を著しく減少させる危険性が高くなります。最悪のケースではデータ救出が不可能となります。

『Hard Disk Error』と表示されたら、、、

STEP1

「電源を落とす」

STEP2

「機器の取り外し」

STEP3

「専門の技術者に確認しよう」

Hard Disk Errorと表示されたときの復旧方法

クリーンルーム

HDDはとても精密な機器で、内部にチリやホコリが付着しただけで故障してしまいます。そのため、初期診断を通して物理障害と判明した場合、特殊な作業服を着用した技術員が無菌手術室と同様の環境、クラス100のクリーンルームにて復旧作業に当たります。 クリーンルームのクラスとは清浄度の単位で、クラス100とは、空気1立方フィート(1辺30cm)あたりに、粒子径0.5μm(ミクロン)以上の粒子が29個あることを言います。これは新生児・未熟児室の100倍綺麗な環境です。 国内100社以上あるデータ復旧業者の中でも、クリーンルームを自社で保有する業者は数えるほどしかありません。その中の1社がデジタルデータリカバリーです。

AIRTECH社製クリーンルーム ・Hシリーズクリーンブース(前面層流) ・ISO-5(クラス100) ・型番 HCB02-142420A5

部品交換

物理障害時の作業では部品交換が必要です。 部品交換も決して簡単ではなく、同じメーカー・型番でも、複合する条件が全て揃わないと適合せず、動かないケースがあります。当社では常時平均7,344台の部品在庫の中から適合するものを選び出し適切な対処をします。 HDD物理障害時の復旧環境と技術は、医師が心臓移植手術を行うのと似ていると言えるでしょう。

累積184,637件以上の
ご相談実績から的確な診断が可能
Hard Disk Error 症状の初期診断無料!
最短5分

まず復旧作業に入る前に欠かせないのはデータ復旧の要となるのは初期診断です。 診断結果により復旧方法は大幅に変わります。それ故に、次の工程に影響する診断を誤れば、症状を悪化させる危険性を伴い、最悪の場合、復旧可能であったデータを手放しかねません。それだけ大事な診断を誤らないためにも、原因を慎重に調べたいものです。しかしながら、初期診断を行うにはHDDを通電させる必要があります。物理障害が起きている場合、通電行為はHDDに負荷を掛けてしまいます。初期診断では的確な診断をスピーディに行う必要があるのです。

障害に気がついたらすぐにご相談下さいデータは高確率で復元できます!

まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら
お急ぎの場合はお電話で クイック  復旧ゴー 0800-919-2950
TOP