Data Recovery Corp.データリカバリー株式会社

OS起動中にブルースクリーンとなり自動再起動される。SSDはファイル、フォルダ単位で秘文暗号化されています。

秘文で暗号化されたSSDが、起動しない!

パソコンの起動中に、青い画面になり、再起動を繰り返してしまうことがあります。注意深くエラーメッセージを観察すると、エラーコードが表示されている場合があり、エラーコードによって、ドライバーやメモリに問題があることが判明する場合もあります。パソコンの利用環境の変化や、直前に追加した周辺機器やソフトウェアなどが原因になっていることもあります。

秘文には、HDDやSSDのドライブ全体の暗号と、ファイル単位の暗号があります。ドライブ全体の暗号の場合は解除キーが必要になりますが、ファイル単位で暗号化されていた場合は不要です。障害媒体のルート配下に保存されているキーファイルを復元できれば、データ復旧上復号の必要はなく、データ復旧後、お客様の下で復号することができます。

ブルースクリーンになるような、思い当たる要因がなく、再起動を繰り返す場合は、SSDに物理的な問題が発生している可能性もありますので、電源ボタンを長押しして、電源を切ってください。物理的なエラーが発生している場合は、お手元で復旧をするのは困難ですので、通電を繰り返して悪化させてしまう前に、ご相談ください。

通電や再起動を続けるとどうなる?

OSの起動障害や、機器の認識不良を起こしている媒体に、通電や再起動を繰り返すと、次のようなダメージを負う可能性があります。

通電や再起動を続けることにより受けるダメージとは?

不良セクタの拡大

不良セクタとは、読み書きができなくなったセクタの事です。データが存在する場所が、ヘッド不良等の理由で不良セクタとなった場合、読み出せるまでリトライしてしまい、不良セクタが拡大してしまうことがあります。

ヘッドクラッシュ

HDDは、ヘッド不良、基板不良、モーター不良等、様々な理由で故障しますが、問題がある状態で通電を続けると、一定の浮上率を保って動作するヘッドがディスク面(プラッタ)に触れてしまい、傷がついてしまうことがあります。

データの上書き

データの上書きとは、作成したユーザーデータに限りません。OSを起動する途中で行われるシステムデータの上書きや、HDDを管理する情報の上書きなど、再起動を繰り返すことで、意図しない情報の上書きが発生してしまうことがあります。

症状を悪化させない為に

  1. 通電しない
  2. 故障したHDD/SSDに通電を繰り返すと、大きな負荷がかかり、致命的なダメージを負ってしまう可能性があります。最初は軽微なエラーでも、通電を繰り返すごとに、エラーが拡大していく恐れがあります。可能な限り安全な方法で、パソコン本体や、外付けHDD等の障害機器の電源を切ってください。

  3. 何度も再起動をしない
  4. 再起動を繰り返すことで、誤った情報が上書きされ、データ復旧が困難になる場合があります。HDDが問題なくとも、上書きされたデータは復旧ができません。OSが起動しない時に表示される画面のメッセージに従っても、必ずパソコンが立ち上がるという訳ではなく、再起動の過程でデータを消失する可能性があります。

適切な対処が必要です

不具合が発生したとき、[周辺機器を取り外す]、[全ての電源を落とす]、[BIOSの設定を初期化する]、[OSの上書きインストールを試みる]、といった方法で症状が回復する可能性はありますが、その過程でデータを消失する可能性もあります。また、システムドライブのHDD/SSDに物理的問題が発生していると、再起動を何度も試みることによって、症状を悪化させてしまう可能性があります。大切なデータが保存されている場合は、お早めにご相談ください。

データ修復申し込みはこちら

障害に気がついたらすぐにご相談下さいデータは高確率で復元できます!

まずはお気軽にご相談ください。 お問い合わせはこちら
お急ぎの場合はお電話で クイック  復旧ゴー 0800-919-2950
TOP